• w-facebook
  • Twitter Clean

住所:〒810-0021

    福岡県福岡市中央区今泉1-2-30​

    天神プレイスイースト806

TEL:092-753-7155

  • 弁護士 田中克幸

【不貞慰謝料】求償権の発生条件

不貞慰謝料請求事件を左右するキーポイントのひとつが求償権です。


不貞行為は、2人の共同不法行為なので、連帯して責任を負います。

連帯して責任を負うとは、どちらに請求してもいいし、どちらからも全額の支払いを受けられるけど、片方が全額支払った場合には、もう一方は責任を免れるという状態です。


つまり、慰謝料が200万円だとすると、配偶者から200万円を払ってもらっても良いし、不貞相手から200万円を払ってもらっても良いけど、片方が200万円を払った場合には、もう片方には請求できないということです。

両方から200万円を貰うことはできないのですね。


そして、片方が全額を払った場合、もう片方に負担を求めることができます。

それがいわゆる求償権ですね。


よく勘違いされるのは、求償権が発生する条件です。

総額200万円で、負担割合が2分の1ずつの場合、片方が100万円払っても、自分の負担部分しか払っていないので、求償権は発生しません。

20万払ったら10万求償、50万払ったら25万求償というわけにはいかないのです。

あくまで自分の負担部分を超えて払う必要があるのですね。


#不貞 #不貞慰謝料 #求償権 #福岡弁護士 #天神弁護士 #天神法律事務所 #福岡法律事務所 #慰謝料請求 #慰謝料減額